忍者ブログ
イトーヨーカドー加古川店にある子ども図書館が新しく生まれ変わりました(^^)/

2017

0727
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0916
こちらも童話屋さんホームページからの転載です。
(※童話屋さんにはブログへの転載許可をいただいておりますが、このブログからの引用・転載はご遠慮ください)



利用方法

•だれでも、無料で利用できます。
•地域制限がありません-どこに住んでいる人でも、休暇中に帰省している人でも、お貸し出しします。
•年齢制限がありません-あかちゃんでも、中学生、高校生、おとうさんおかあさん、おじいさん、おばあさん、どなたでもお貸し出しします。
•身分証明書の提示も不要です。
•「本が読みたい」と訪れるいかなる人も差別しません。

1.個人向け貸出
本は1人一回3冊、貸出期限は2週間です。

2.団体貸出
読書サークル、幼稚園、保育園など1団体で登録
冊数制限なし、期間は3ヶ月まで、相談に応じて決めます

3.ファミリー貸出
遠方の方、お子さんが小さく頻繁に通えないなどの利用者の方の便宜を図ります
家族単位で登録、冊数、期間は相談に応じて決めます

•他に紙芝居、紙芝居舞台、人形劇用指人形と台本の貸出も行っています。


イベント

1.おはなし会:毎日「えほんのじかん」があり、絵本を数冊よみます。
スタッフによる定例おはなし会は毎週1~2回、
夏休み、冬休みなどに特別おはなし会も実施しています。

2.工作会:季節ごとに工作会を行っています。

3.写真展・原画展など:「グリム童話の世界」「北国の花写真展」「ブテンコ原画展」など、児童文学の背景になった地域の写真や絵本の原画など数種類を企画制作し、巡回しています。



私がまだ、加古川を離れいて別の地域に住んでいたとき、帰省中に子ども図書館へ行きました。
普通の図書館は住んでいるか通勤通学という条件で貸出カードを作ってくれますが、子ども図書館は何の制限もなくて驚いた記憶があります(^^;
こういうことだったんですね~♪
PR

2009

0916

こちらの内容も童話屋さんのホームページからの転載です。
(※童話屋さんにはブログへの転載許可をいただいておりますが、このブログからの引用・転載はご遠慮ください)
 




子どもが本好きになる三つの魔法

子どもたちが幸せな人生を送るために、幼いときによい本、よい人と出会うことが大事です。
中川李枝子

子どもたちが本と出会う場所には、細心の心配りが必要です。
童話屋が運営する子ども図書館には、子どもがたちまち本好きになる三つの魔法があります。

魔法1 絵本架
 
絵本は表紙が顔です。
絵本は、1冊1冊色も形も違います。
童話屋の絵本架は、絵本の表紙がすべて子ども達の方を向いています。
その表紙で子ども達に語りかけています。
「わたしを読んで」「ぼくはおもしろいよ!」子どもたちは、絵本に誘われて思わず絵本架にかけより、面白そうな絵本を「絵で」選びます。
高さは120cm。
子どもの目線に表紙が見え、3歳の子でも、手を伸ばせば本が取り出せる高さです。
6段で横幅は180cm。1段に10冊の本が並んでいます。材質は木製。
角も丸くしてあり、子ども達の安全には十分注意をしています。

 
魔法2 選書
 
子どもたちが、絵本架の前でどれを読もうか目を輝かせながら立っています。
この絵本架に並ぶ絵本は「よい本」ばかりです。
子どもが手を伸ばすところにある本は選びぬかなければなりません。
洪水のような大量の出版物のなかで、ほんとうにおもしろい本を選ぶのは難しいことです。
また、品切・絶版の多い児童書流通の中、書店の店頭にもなかなか並ぶことのない基本的な本を、いつも手の届くところに置いてあります。

本は、子どもの成長における心の栄養と考え、
(1) 子どもの心に豊かに働きかける本
(2) 何度も繰り返し読まれる本
(3) 何世代も読み継がれてきた本を軸にベテラン司書が選んでいます。
おすすめのブックリストも随時発行しています


魔法3 司書
 
魔法の最後は「人」です。
司書という仕事をする人です。
イトーヨーカドー子ども図書館の司書は、子どもが入ってきたら、「こんにちは」とあいさつをし、名前を覚えて仲良しになります。
そしていつもフロアで子どもたちに絵本を読んでいます。
子どもと絵本を結びつける最も良い方法が読み聞かせ。
そして、あらゆる読書相談にのります。
司書は、本のことをよく知っている専門家で、子どもとお母さん、お父さんの強い見方です。



どうでしょう。思い当たることはありましたか?
私はこれを読んで、「どこか普通の図書館と違う…」と思っていた謎が解けましたヽ(^o^)丿

2009

0916

イトーヨーカドー子ども図書館とは?

運営はイトーヨーカドーさんから、出版社である童話屋さんに業務委託されています。
童話屋さんのホームページはこちら↓
http://www.dowa-ya.co.jp/
『図書館の部屋』が子ども図書館部の内容です。

子ども図書館のコンセプトがとても明確に書かれているので、転載させていただきます♪
(※童話屋さんにはブログへの転載許可をいただいておりますが、このブログからの引用・転載はご遠慮ください)



童話屋子ども図書館部は、株式会社イトーヨーカ堂より委託を受けイトーヨーカドー子ども図書館の運営にあたっています。

まだまだ公共図書館の少ない日本で、気軽に身近に本が利用できる施設として、イトーヨーカドー店舗内に、子ども図書館を設置しています。
現在では9店のイトーヨーカドーに開設されています。(ブログ注:既に8店舗です)
本を知り、子どもを知る図書館司書の有資格者がいて、フロアワークを通して直接子どもたちに本の楽しさを伝え、子どもたちや保護者のさまざまな読書相談に応じています。
特別な資格や制限がなく、どなたでも無料で利用できます。
 

2009

0916

◆16日(水)13時半~
◆17日(木)13時半~
小さい子のお話会
0歳から楽しめるので赤ちゃんが集合します!
入り口前にずらっと並んだベビーカーにはワクワクします♪
お兄ちゃんお姉ちゃんでも十分楽しめる内容です。
夏休みに行った4歳の娘も大喜びでした。


◆19日(土)13時~16時のいつでも(15時半~絵本の時間)
工作会「らいおんのバッヂをつくろう!」
工作は3歳くらいから小学生まで楽しめる内容です。
材料や道具は全部準備されているので、小さいお子さんでもお気軽に♪


◆20日(日)~23日(水)14時~
ありがとうお話会
指人形やパネルシアターのお話会を、日替わりで!


この他にも開館時間中は、司書さんにいつでも、何冊でも絵本を読んでもらえ、読んだ本を記録するスタンプラリーも開催中です。
スタンプが5個たまると折り紙のミニプレゼント&大きいスタンプ、20個たまるとしずくちゃんのしおりが貰えます。

counter
ついったー
プロフィール
HN:
sei
性別:
女性
自己紹介:
娘たちと共に親子2代でお世話になっています(^^ゞ
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
[09/28 タミ子]
[03/31 みぽりん]
[02/16 ゆうみん]
[02/07 まめち]
[11/07 Rスズキ]
[10/13 おはなしのとぴぱら]
[09/19 ゆうみん]
[08/19 おはなしのとぴぱら]
[08/02 添え状の見本]
[07/05 おはなしのとぴぱら]
access
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP